ドワンゴが「バーチャルキャスト」を発表!その影にいる「みゅみゅ」って何者?

ドワンゴが「バーチャルキャスト」を発表!その影にいる「みゅみゅ」って何者?

4月13日、ドワンゴとインフィニットループは、HTC VIVEなどの装置を使い誰でもVR空間で背信を行うことができる、VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」を発表、提供を開始しました。

バーチャルキャストは、バーチャルキャラクターになって
VR空間のスタジオをリアルタイムでコミュニケーションできる
VRライブ・コミュニケーションサービスです。

ニコニコ生放送などの生配信サービスを介してスタジオを作ることで、
誰でも気軽に、好きなキャラクターでコミュニケーションできます。

他のバーチャルキャストユーザーの配信に乱入できる「凸機能」や、
生放送の視聴者を楽しませる様々な「アイテム」など、
バーチャルキャラクターの番組に欠かせない機能も盛り沢山です。公式サイトより

背信は、ニコニコ生放送、YouTube Live、ツイキャス、Twitch、OPENREC.tvで行うことができます。

バーチャルYouTuberになる敷居がグッと下がった事により、今後のVRに対する生活の中での考え方がグッと変わってきそうですね。離れて住んでいても、気軽にVR空間のなかで”会う”ことができるというのはとても未来感がありますよね。昔、どうぶつの森のCMで、離れた場所に住む友達に会いに行くというものを思い出しました、今はそれも当たり前になり、自分のVRアバターで対面する事が可能になってしまったのですね。

そんな「バーチャルキャスト」で気になる点が。

これ、「みゅみゅ」のVR空間じゃん!

アバターを変更した際のエフェクトや、コメント出現したコメントをつかめる機能など。というか、「みゅみゅ」映ってます。

Virtual Cast プロモーションビデオ

「みゅみゅ」はボイスチェンジャーで女性?として配信する男性配信者です。2012年にニコニコ生放送でMMDを用いた放送を行っており、その際はその奇抜さから人気とはいえない状況だったそうです。その後も配信を続け、初音ミクのモデルを用いたMMDライブチャット配信を中心に活動していました。この際Kinectを用いた自分と初音ミクの動きを連動させて雑談配信を行っていたのですが。今のバーチャルYouTuberの原型ともいえるスタイルですね。

2016年ごろには現在のバーチャル空間にて自身の3Dモデルを使った配信を行っていました。2017年末にバーチャルYouTuberがブームになり、その流れに乗る形でみゅみゅが密かに注目され始めました。しかし、現在まで自身のことをバーチャルYouTuberと名乗っていないため、あくまで技術者としての立場からVRのジャンルに対する発展をガシガシ進めている存在です。また、配信風景の淡々とした雰囲気や、醸し出す技術屋さんの雰囲気から、「教授」という愛称でも親しまれています。

自分も初めて「みゅみゅ」を知ったときは、他のバーチャルYouTuberとは少し違う魔術師のような配信にワクワクしたことを覚えています。

バーチャルキャストの配信をいくつか観てみましたが、カフェ野ゾンビ子がいる!!

是非とも発展していってほしいですね。

こちらもどうぞ

VIVE PROが発売されましたが。

バーチャルYouTuberのタイプっていくつかに分類できる

バーチャルYouTuberカテゴリの最新記事