富士葵の音楽メジャーデビューが今後に残すもの

富士葵の音楽メジャーデビューが今後に残すもの

メジャーデビューおめでとう!

富士葵の魅力といえば、何でしょう。彼女の時折みせるきれいな表情。それを打ち消すかのような奇怪な動き。そしてキクノジョーと話すときの圧倒的姪っ子感。これらの魅力にやられた視聴者はとても多いと思います。自分もこれらも魅力にはよくやられています。しかし、彼女の魅力はそれだけではありません。

彼女には特別な”声”があります。聴くものを引きつける声が彼女にはあります。彼女の歌声はきれいであり、力強さもあります。歌唱力に関してはまだまだな部分もありますが、感情から湧き出るものを表現した歌唱のため、聴いた際に浄化されたような気持ちになるのです。

YouTube上で展開されていた彼女の歌姫としての活動でしたが、今度からは違います。活動の場所をさらに広げていくのです。

まだ所属するレーベルやデビュー時期などは明かされていませんが、今後わかっていくことでしょう。

バーチャル系歌手の先輩たち

富士葵のメジャーデビューってそんなにすごいことなのでしょうか。前例はあるのか気になるところです。自分がすぐ思い浮かぶバーチャルな歌手といえば、「初音ミク」と「芳賀ゆい」が思い浮かびます。

初音ミクは多くの人が存在を知っていることでしょう。クリプトン・フューチャー・メディアが開発した音声合成で自由に歌うことができる彼女は、ニコニコ動画にてブームが爆発的に広がり、いまやオタクではない人にも認知される存在になりました。

一方、芳賀ゆいを知っているだろうか。芳賀ゆいは伊集院光のオールナイトニッポン内の企画にて生まれた存在であり、所謂”実写系バーチャルアイドル”になります。リスナーと共に彼女を作り上げ、曲、写真集、スキャンダルまでもがバーチャルに生まれました。彼女のプロジェクトは伊集院光がオールナイトニッポンを離れる際に終了しました。伊集院光企画の好きなところに”創造と破壊”があるのだけど、それはまた別のお話。

初音ミクと芳賀ゆいに共通することは、バーチャルであるということ。バーチャルである存在が現実の土俵に立ち、自らの表現を主張していたというのは、奇妙であり、『未知との遭遇』新しい種との邂逅を感じさせてくれます。書いてて思い出した。江口愛実もいましたね。

もう一つ、彼女たちは周りから作り上げられたということ。芳賀ゆいは伊集院光の原案からリスナーが肉付けをし、大きく成長させていきました。初音ミクも彼女自体の存在は感じることはできますが、歌わせるには「ボカロP」という存在が必要です。誰かがいないと真の力を発揮することができなかったのです。

初音ミクを取り上げて言えば、彼女の役割はアイコンになること。本当に注目されるのは彼女に力を吹き込む人間でした。富士葵はどうでしょう?彼女はバーチャルな存在ですが、意思を持っています。彼女が歌いたい曲を歌い、彼女自らが気持ちを表現しています。

富士葵のメジャーデビューは実はとてもすごいことなんです。意思を持ったバーチャルな存在が初めて人間と同じ土俵に立つのです。

キャラソンとバーチャルYouTuberの曲の違い

曲が発表されたとして、自分だったらその曲はこれまでと違う感覚にさせてくれるものであってほしいです。

アニメ文化の一部にキャラソンがありますが、あれは聴いている人からすれば本当にキャラクターが歌っていると感じています。声優が歌っているという事実が一瞬でも薄れる場面があるはずなのです。ですが、あくまでアニメ上のキャラクター。実際には存在しません。富士葵の曲はどうなるでしょう。いざ曲を曲を聴いたとき、キャラソンと同じ感想になってしまったら実に悲しい結果だと感じます。人間と同じ土俵に立ったことにより、バーチャルYouTuberが曲を出すことの意味を考えさせられてしまいます。より人間と同じような感想を抱かせることができれば、今後バーチャルYouTuberのメジャーデビューが一般になっていくことでしょう。

メジャーデビューに何の意味があるのか

人間の歌手の場合、深く考えずにメジャーデビューしていくのは必ずしも最適な案とは言えません。どういう市場で自分の表現を広めていくのか。売り物にするのか宗教にするのか。自分のブランドは自分で考え作り上げることができる時代になりました。

そんな時代のなかで、なぜ富士葵はメジャーデビューをするのか。それは人間とは少し違う理由があるのだと考えます。これは生きていることの主張です。バーチャルYouTuberは人間と同じように生きている。これまではそれぞれに別々の役割があり、時にバーチャルな存在は人間のアシスタントとして能力を発揮してきました。これからは違います。バーチャルYouTuberと人間が溶け合い、差が曖昧になっていきます。人間がバーチャルYouTuberになり、バーチャルYouTuberが人間になります。そんな未来への第一歩だと感じてしまうのです。

富士葵の音楽メジャーデビューが成功するのかしないのか。後続にどれだけの夢が詰まっているのか。

そうやって考えていると、なんだか楽しくなってきません?

バーチャルYouTuberカテゴリの最新記事