VR×カフェは今後のトレンドになるのか

VR×カフェは今後のトレンドになるのか

5月16日、クラウドクリエイティブスタジオは、京都にVRとカフェを組み合わせた「THE VR ROOM KYOTO」をオープンしました。コンセプトとしては「カフェとVRの融合」。その名の通り、ラテアートを楽しめるようなオシャレな店内と併設されてVRを体験できるようです。


融合と言うにはまだまだな部分が残りますが、VRを一般的なものにするには効果的なようです。

VR はどこから普及していくのか

VRは一部からは注目されていますが、まだまだ一般的な存在にはなっていません。最近流行りのVTuberも、自分も含めオタク気質な人間ばかりが熱を入れているのが実情です。どうすれば仮想現実という考えかたが大衆に普及していくのでしょうか。

一つの案としては、「エロ」は有力な候補になるでしょうね。エロの力は絶大であり、エロのためにパソコンに詳しくなったという人も多いのではないでしょうか。VHSがベータに買ったのもエロを制したからだとか。

DMMは特にVRアダルトに力を入れてますが、広い年齢層にVRを体験させる事ができると考えられます。

しかし、エロはあくまでエロ。残念ながら現代ではエロはウラの立役者。そうなると、カフェからVRが普及しているのはけっこう良いかもしれません。

現在多いのは、VR体験がメインで食事はオマケというもの。今回オープンした「THE VR ROOM KYOTO」のように、一見普通のカフェなのに、実はVRも体験できちゃうというスタイルは今後流行るかもしれません。

カフェにコーヒーを飲みに行くプロセスのなかにVRを利用する価値を組み込めれば良いのですが、どうなんでしょう。バーチャル上にもお店があったら面白いですよね。

バーチャルYouTuberカテゴリの最新記事