私は会計中の記憶がない~キャッシュレス化について思うこと~

私は会計中の記憶がない~キャッシュレス化について思うこと~

キャッシュレスってめちゃくちゃ便利ですよね。

自分は普段生活していて、特別に必要なとき以外は現金を使う機会がなくなってしまいました。コンビニではもちろんのこと、ごはん屋さんやショッピングなどもIDやSuicaを使用して決済を行っています。

何が良いって、まず財布が軽くなることで荷物が軽くなることです。紙幣が多くてもかさばりますし、小銭が増えたらそれはもう財布がパンパンになって重くなってしまいます。

もはや財布も持ち歩かなくなっているかも知れません。ふらっと昼食を食べに行くときはスマホケースに入れたSuicaとID、クレジットカードで大体事足りてしまします。

この生活は今後離れることができないでしょう。

しかし、そんなキャッシュレス生活ですが、ある大変なことに気がついてしまったのです。

キャッシュレスな買い物による弊害とは?

自分、昔から買い物をするときにめちゃくちゃ合計金額を計算するんです。ケチな性格というか、買い物自体はよくするのですが、レジに持っていくまでにすごく悩むんです。

これを買おうかな、本当に必要かな?やっぱりやめようかな。そんな風に散々悩んだあとでやっとの思いでやっとレジに持っていくのです。(コンビニでの買い物でも)

キャッシュレス生活を始めてもそれは変わっていません。

レジに持っていくまでは悩みに悩む。合計金額は何円だから、今日はこのくらいの出費だな。きちんと計算して生活しています。だけど、そのあとの会計中の記憶が全く無いのです。

「今日は何円の出費…」「今日は何円の出費…」「今日は何円の出費…」

会計完了。店を出る。

「あれ?さっきの買い物は結局いくらだったんだっけ?」

これです!現金決済で実際にお金を触ることがないので、会計が流れ作業になり過ぎているのです!

頭空っぽにして「あいでぃーでおねがいします」ピロンポン♪で買い物が終わっちゃいますからね。

これは怖いことですよ。いやとても便利ゆえであり、店を出たあともアプリで使用履歴を逐一チェックしているので問題はないのですが、一部の記憶がなくなっているということにいつも恐怖を感じています。

キャッシュレスな生活はとても便利ですが、やはり人によっては散財の元になってしまうのかもしれません。

 

あれ?これって自分がただボケているってだけの話?

キャッシュレス化は不安という人もいるけど…

最近はキャッシュレスにも種類が増えてきましたよね。

QRコードで決済するなんとかペイやか仮想通貨決済なんかも一応存在しています。

これらの現金を使わない決済方法に不安感を抱く方もいるようです。そりゃあ会計中の記憶がなくなっちゃう人がいるんだから不安にもなりますよね…

すべての決済をキャッシュレスにしろという意見は持っていませんが(キャッシュレスの店がもっと増えればなとは思ってる)、選択肢のひとつとしてキャッシュレスで生活するということがもっと親しまれればなと思います。

今回はこれくらいにして、さっきコンビニで買った朝食を食べたいと思います。 あれ?結局いくらだったんだっけ?

趣味カテゴリの最新記事