人間とアンドロイドの共存がはじまる?

人間とアンドロイドの共存がはじまる?

人造人間(じんぞうにんげん)は人型ロボットなど人間を模した機械や人工生命体の総称。SFフィクション作品、漫画・映画・小説などで取り扱われることが多い。ウィキペディア

ヒト型の機械

日テレ、アンドロイドアナウンサーが入社–音声認識など高度なAI実装 

たまたまこの記事を見つけたのですが、とても未来的に感じますね。高度なAIを実装とのことですが、アンドロイドと人間の差がほとんどなかったらとしたら、アンドロイドに対していじめは起こるのでしょうか。

このアナウンサーの名前は「アオイエリカ」という名前だそうです。

AOI ERICA

あえて今後ライバルになりそうなアナウンサーとして人間と同じ土俵に立たせるというのは、なんとも挑戦的です。クリエイティビティの”拡張”としての役割を期待しているそうですが、ただのお飾りで終わってしまうようなことだけは、興ざめなのでやめてほしいですね。

昨今AIによる仕事の代替化が進むなか、古くからアンドロイドとの共存が想像されてきました。新しい人種としてというよりも、労働力としての考え方が強いようです。
映画や小説の作品のなかでは、労働力としてのアンドロイドのなかに、人としての心を見つけるという描き方がよくされています。「アンドロイドにも愛を」ということですね。イヴの時間もそのようなテーマでした。

アンドロイドの大きな特徴は、人間の形をしているということ。人間の形である意味は?一番は人間と生活をするにあたっての違和感の排除が考えられます。ゴリゴリの機械が隣にいる生活は、少し慣れないかもしれません。しかし、その懸念はもう必要ないかもしれません。あらゆる映像作品のなかで、アンドロイドがパートナーとして私たちの隣に寄り添ってきました。映画だと大体迫害されていますが、便利だから作り出したのであり、導入しているので、必ずしも迫害されるとは限らないと思うのですが、実際にそういう世界になったらどうなるんでしょうか。流石に私たちの身近な場所にいる頃には慣れているのではないのでしょうか。

隣に寄り添うのは誰?

今後は色々な職種に”入社”するアンドロイドが増えてくるかもしれません。特にメディア系では、珍しさもあり、起用するヒトが出てくるかもしれません。どのようにアンドロイドとの共存が増えていくかはわかりませんが、ディープラーニングによる事務作業の短縮などが先でしょう。その場合、見えないうちにあなたの隣にいることとなります。また、ハード面では作業効率などを合理的に考えればヒト型に固執する必要もなく、同じ姿を求める必要はなくなっていくのでしょうか。一体どんな形になるのでしょう。教えて詳しい人。

テクノロジーカテゴリの最新記事